1. ホーム
  2. 特集記事
  3. アクティビティ
  4. 道の駅で買える厳選和歌山みやげ:紀州備長炭記念公園の「ねすごしまくら」
アクティビティ 2022.10.01

道の駅で買える厳選和歌山みやげ:紀州備長炭記念公園の「ねすごしまくら」

和歌山の道の駅でさまざまな産品を購入してきた中で、これは和歌山のおみやげとしてオススメできると思った品々をご紹介していきます。道の駅で売っている商品はほとんどがその地域のものです=メイドインジャパン

地元の特産品ということは間違いなく国産であり、その多くが手作りに近いく昔ながらの手のこんだ商品。それがずらりと並ぶ道の駅は、お買い物スポットとしてすごくレベルの高い場所なのです。

でも、なかなか商品一つひとつまで情報発信ができていない道の駅がほとんど。それはとてももったいないと思うので、ここで私が購入してよかった商品を”道の駅で買える厳選和歌山みやげ”としてご紹介していきます。地元の方々が丹精込めてつくったものをぜひ見て、知っていただけたらと思います。

さて、今回ご紹介するは道の駅紀州備長炭公園で購入できる備長炭の枕「ねすごしまくら」です。

炭っ子倶楽部が販売!硬さがあり、備長炭とパイプ入りの枕

道の駅紀州備長炭記念公園があるのは、田辺市の絶景・奇絶峡。敷地内に資料館もある、規模の大きめな道の駅なのですが、産品の販売コーナーは少し小さめ。その中は備長炭関連の商品で埋め尽くされています。

木酢液やお風呂用、冷蔵庫用の備長炭が並ぶ中で、地元・秋津川の御婦人グループがつくられた手作り品も販売されています。

小さめの腰枕(1,500円)と、普通サイズの枕=ねすごしまくら(4,000円)があり、カバーはいろいろな種類があります。

一本一本丁寧にカットされた備長炭と、パイプが入った硬めの枕で、丸洗いできます。普通の枕サイズの「ねすごしまくら」は、4,000円。パイプの枕はすごく高価で、1万円以上するものもあります。

個人的には、この「ねすごしまくら」はお手頃価格だと思いましたので、即購入。硬くて丸洗いできる、そして清潔に長く使える枕ってなかなか売っていないんですよね。

カバーはいろいろあり、この2つを購入しました。寝るのが楽しみ!

熱がこもらず、涼しい!首にもフィット

まだまだ和歌山では暑い9月に購入したのですが、帰って使ってみたら、通気性がよくて熱がこもらず、ものすごく寝やすかったです。

これまでの低反発まくらって暑かったんだな…と思いました。あとパイプは中でザラザラと動くので、首まわりにしっかりフィットして、上向きで寝やすいです。

細長い備長炭が入っているのも手で触るとわかりますが、炭が頭にあたって痛いということはありません。

首を動かすとザラザラとパイプが動く音が聞こえるのですが、それも心地いいです。繰り返しになるんですが、冷感素材の枕カバーなどを付けるよりよっぽど涼しいです。通気性がいいので清潔に保てるのも実感します。

上にかかっているカバーは取り外して洗えます。パイプなのでへたらないし、いいですね。手作り品なので、この道の駅紀州備長炭記念公園に来て購入していただくしかないのかもしれませんが、和歌山は備長炭の産地。通販できる備長炭枕もあるかもしれないので、ご興味を持たれた方は探してみてください。

この記事を書いた人

まんたにえみ

株式会社Crop代表取締役&ライター。和歌山のことなら詳しいです。情報発信を支援する会社をしつつ、個人で和歌山の情報を各種メディアで発信中。趣味のGoogleローカルガイドはレベル7。

関連コンテンツ